b388010.gif
b006005.gif
b037009.gif
Cumberland, MD
カンバーランド
Grafton
b388009.jpg
b388008.jpg
b388007.jpg
b388006.jpg
Baltimore & Ohio Station ボルチモア・オハイオ鉄道駅

ボルチモア・オハイオ鉄道は、1853年にホィーリング(Wheeling,WV)でオハイオ川に到達して、そこから先へは既存の鉄道を吸収合併しながら 1874年までにシカゴに達した。途中のカンバーランド (Cumberland,MD) を分岐点として、1871年にピッツバーグ (Pittsuburgh,PA) への支線が開通し、既存の鉄道を吸収しながら新ルートを構築し、1893年からは シカゴ発着の旅客列車を新ルートで運転するようになった。ボルチモア・オハイオ鉄道の両本線(シカゴ方面、セントルイス方面)の分岐点として要衝の地になる カンバーランド には駅舎に併設して鉄道ホテル(The Queen City Hotel) が 1871年に建設された。
この建物は惜しくも 1972年に取り壊されてしまった。現在はアムトラックが小さな駅に停車している。
b388005.jpg
WM: Hagerstown
B&O: Elicott City
Washington DC
Western Maryland
Western Maryland Station  ウェスタン・メリーランド鉄道駅

ウェスタン・メリーランド鉄道の路線は 1862年の ボルチモア=ユニオンブリッジ間の開通に始まり、1906年に カンバーランド に到達した。カンバーランドでは、ペンシルバニア州方面からの石炭輸送鉄道であった カンバーランド・ピードモント鉄道 (Cumberland & Piedmont Railway)、南西方面ウェストバージニア州からの石炭輸送鉄道であった ウェストバージニア・ピッツバーグ鉄道 (West Virginia Central & Pittsburg Railway) と連絡するようになった。これらの鉄道会社は MW に吸収合併されていく。1910年ごろから、これらの路線を北に延長して、コーネルビル (Connerllsville,PA)で ピッツバーグ・レイクエリー鉄道 (Pittsuburgh & Lake Erie) と連絡した。
カンバーランドの駅舎は、1913年に建設されたもので、1950年代には旅客列車の運転はなくなったが、鉄道運転事務所として使われ続け、現在は、観光鉄道の発着駅として使われている。
B&O 鉄道駅と クイーン・シティーホテル 
絵葉書
Down At The Depot, By Edwing P.Alecandrer より
アムトラック駅 1997年8月撮影
b388004.jpg
b388003.jpg
WM 鉄道駅
1997年8月撮影 
現在も観光鉄道の駅として使用されている。
Baltimore & Ohio
Pittsuburgh
ウェストヴァージニア州
北米大陸
b388002.gif
b388001.gif
b002001.gif